プレゼンページ

中間処理業者様

ゴミ処分の対策

収集運搬および中間処分をされている業者様にとって今、プラスチック問題深刻ではないでしょうか。

HP上で触れたゴミの性質、コン
ビニなどで回収される様々な
ゴミは、分別処理すること
は負荷が重く、最終処分
場の引き取り費用は高騰
しており、この先、明る
い展望が見えません。

弊社がお勧めする環境
機器は「低温分解装置」
という名称を付けており
ます。それは、バーナーを
使用せず低温で廃棄物を消化
する機器であり、稼働コストを
抑えます。
ダイオキシン除去は別体二時燃焼で
高温分解させます。機器本体は小型のため届出も必要ありません。
(行政審査は必要です)。価格帯も安価に抑え、焼却灰も少なく灰処理もガラス化もさせることが出来ます。(別機器)最もプラスチックにおいては、プラスチック減容機を使いペットボトルなど洗浄せずプラスチックインゴットにし燃料に変えます。プラスチックインゴットは保存性もあり、溶解はいつでも可能、ガラス化の燃料や施設内(公道利用不可)にあるリフト燃料の使用などに応用できます。

 

ゴミ処分の苦悩(令和2年1月29日現在)

有価物である鉄やアルミ、今市況は安い金額で推移しています。そこにプラスチックの処分費用を鑑みれば総合的に商売として成り立たない状態になるかもしれません。洗浄処理など付帯的な費用は不毛でしかありません。面倒な処理工程を省きプラスチックの塊に、またアルミなどは溶かし小さなスペースで保管出来るなら、市況が高くなった時にインセンティブできればいいわけです。

 

不採算事業からの脱却

採算が取れる事、これは事業を行う事にとって欠かせないものです。前出不要な処分費を省く事でコストパフォーマンスが良くなります。またゴミが燃料になるのであれば一石二鳥です。これからの社会は静脈が活躍できなければ経済発展もなくなるでしょう。今の事業展開に一石を投じる必要があり、補助事業でもある皆様方とのお付き合いは社会的有効性のあるものと確信しています。

 

まとめ

今ある可能性にフォーカスすれば、未来のイニシアチブを取る事になります。技術の進歩に準じた成長選択は現状維持より遥かに良い結果を生み出します。宜しければそのお手伝いをさせていただければ幸いです。