プレゼンページ

企業様、医療・福祉法人様

・動脈と静脈(ものづくりと排出処分)

農・畜産、飲食、医療法人様にとって廃棄物は付いて回ります。現在、産業廃棄物は業者に依頼して処分するという選択しかありません。
廃棄物を「自ら処分する」。これは環境法でも定められる「おこなって良い」項目です。
そこで、この案件に費用を割くかどうか、費用対効果があるのか、危険リスクは?と考える企業様は多く存在するでしょう。しかしこれから先、廃棄物処理費用は目まぐるしく高騰していくのではないかと思われます。

 

・廃棄対策を講じる

静脈のフロンティア構築は一つの部門として成り立つはずです。
いまの廃棄費用の相互性を鑑みて、焼却炉或いは炭化路を導入すると初期投資は掛かるものの、数年で採算ベースに乗ることが出来ます。

当社では大型プラントのような高額な機器の取り扱いはしておりません。またバーナーを使い燃焼するタイプの一般的な焼却炉ではない為、危険を伴う要素が極めて少なく、さらに煙突がないため、設置した装置の近隣に対して気を遣う必要もありません。
ランニングコストも化石燃料を使用(※1)しない為、採算性は総合的に上がります。危険リスク回避は動産保険加入で、セキュリティー対策も万全です。

 

(※1)<使用燃料ランニングコスト計算>

*灯油の場合の費用約5,500円/日(7L/h×8h稼働 配達価格)

*軽油の場合の費用は、約7,400円/日(7L/h×8h稼働 配達価格)

 

ご購入の際は自らの排出ゴミに対応でき、さらに費用面を考慮した製品の選択が望ましいと思われます。

採算性は総合的に上がり、危険リスク回避は動産保険加入で2重に、またセキュリティー対策も講じます。

 

・SDGs事業としての取り組み

現在盛んに取り上げられている「環境問題」。環境目標が定められ、宿題となりました。そんな中、課題に取り組む企業様は未だ処分業者に頼っている業況ではないでしょうか。環境問題への意識、環境機器の未発達に問題があるのかもしれません。今、問われるは技術の進歩ではないかと考えます。廃棄処分の対策は環境機器の役割であり、各機械の技術進歩に掛かっています。

 

 

・乱立する技術革新と事例

環境問題に取り組む多くの研究者、開発者がいます。定義、化学、理論といった有識者の方々ですが、残念ながらその中で確立され実稼働する「ファクト」というものは正直存在しません。出来たものを実働させ結果を出すことが出来ないことは、実はこの業界ではよくある事です。莫大な投資で巨大なプラントを建設、その多くに修理項目が多かった、実稼働に至らないケースはよくあります。理論のみでは実態がまかり通らない事のあらわれで、いま乱立する処分方法は「簡素な装置」に辿りつきます。

当社の考え方は、費用を抑えた確実なブラッシュアップのご提案です。つまり面倒な作業工程をなくした処分方法が基礎的にあり、小規模リサイクルシステムを組み込む安価なプラント構成です。

 

・まとめ

日本では、地震や台風の災害はいつ起こるかわかりません。そして年々被害が大きくなっている事実もあります。求められている事案の一つは先の予防です。当社では、今できるコンプライアンス対応やゴミ問題をまとめる技術があります。問題に取組む姿勢を背景に社会の変化に対応するモビュリティー構築をご提案させていただきます。