当社のリサイクルイメージ

●小型焼却炉を使った総合廃棄フロー

 

 

※当社では機器の販売をはじめ灰の回収、プラスチック、塩ビインゴット等の買取りを行います。



●焼却炉を消化装置と位置づけし、当該有価物のリサイクルをご提案いたします。


 

※全ての追加装置を完結するイメージになります。お客様に応じたプラン二ングをご提案いたします。



●大気汚染を抑える

大規模に集中させプラントでゴミを処分する。一見合理的にも見えるその処分方法には集約運送コスト及び、排気ガス等の有害物質排出を総合的に鑑みる必要があります。車両移動で余計なCO2を出し環境に影響を及ぼしている訳です。 そのような意味では小型焼却炉を使った小規模循環システムの導入は、ニッチ化させる「地ゴミ地消」です。各企業、自治での無駄な運送効率を抑える事が出来、費用削減に貢献できるのは廃棄エントロピーが上がる事に繋がります。

 

油化装置の発想

一時期流行りを見せた、ペットボトル等を油に変えるリサイクル油化装置。今ではその多くのメーカーが撤退しています。
その理由は、電気を使い油化させるコストパフォーマンス悪さにあったのです。
当社の考え方として、排熱を使いペットボトル等を溶解しインゴット化、そのインゴットを使い再生燃料を作り、再生燃料で灰までも処理できるのであれば全ての廃棄が完結し、コストパフォーマンスに優れたゴミ循環になると考えます。
また、溶解はプラスティックのみならず、アルミや鉛といった融解温度の低い金属も溶かす事ができインゴット化できるため、搬送効率が悪かったスクラップ等の保管、運搬に役に立ちます。