リサイクルの本質

●リサイクルの歴史

日本のリサイクルには歴史があり、江戸時代では、着物は糸を解きまたその糸で着物を織る。もとより再利用を前提に作られていました。「ものを大切に何度も使うこと」リサイクルの原点は昔から脈々と受け継がれていました。しかし現在、物余りの環境ではリサイクルの論点が変化しています。

家電業界では、家電リサイクル法(平成10年度6月5日)や小型家電リサイクル法(平成25年度4月1日)が施行されて以来、メタルなどの有用な資源品を回収され再利用しています。
また車業界では、植物から出来る樹脂をドアの内部に使用し、石油・化石系素材を使用しないバイオプラスチックを用いた部品が採用される等、資源リサイクルへと変化し「ものを大切に何度も使うこと」から、「使い終えたものをもう一度資源に戻し製品を作ること」を考え方にシフトされるようになっています。

●廃棄方法の再構築

日本は高い技術力により経済を発展させました。ものづくり日本として戦後より高度成長を遂げ、つくり出した製品は「JAPANブランド化」され、現在でも世界に発信しています。

しかし、高度成長期の影に潜んでいた不要物処理「産業廃棄物対策」を、同時に出来なかった事が今のゴミ問題に繋がっています。それは世界的にゴミの輸入拒否(CO2排出権不買)されているのも大きな要因です。

●リサイクル率20%という数字が物語る意味(市場原理主義)

分別した本来資源物可能であるべきプラスチックがほぼ焼却に回っている実態はご存知でしょうか。

それは単に原材料にするコストパフォーマンスの悪さであり、プラスチックリサイクルされる市場性が現段階では追いついていないという表れでしょう。

●経済発展とゴミ処理を両立させるエネルギー保存の法則

環境先進国では、自然エネルギーを活用したソーラーパネルや再生エネルギーであるバイオマス発電、焼却排熱利用など、熱力学エネルギーが生かされていて、なんと電力の約97%を賄っています。

これからの日本も、経済発展(動脈)と共にゴミ処理(静脈)のバランスを求められる時代となるでしょう。市町村等が運用するごみ焼却施設のうち約67%は、サーマルリサイクル(廃熱利用)システムが構築されています。しかし、大規模焼却プラントは、長期工期時間を要し莫大な費用が掛かります。

弊社は主に環境機器を販売するのと同時に廃棄のインフラ構築し、投資金額が安い小型循環システムを目指しています。

廃棄物は「自ら処分する」が原点です。ゴミ処理方法を「変化」させ皆様のお困りのゴミ問題を早期に解決していきたいと考えます。

 

●Smart Circulation Society (スマートに循環させる社会に)

事業者さま、医療、農業法人さま

(マンションデペロッパー、町内会などゴミ対策として)

自ら処分が可能であれば第三者委託(産廃業者)は必要ありません。医療現場で出るバイオハザードダストを常に処分でき、また、集合住宅など設置いただければ、ゴミを回収日に合わせることなく、いつでもゴミを捨てることができ、溜めておく必要のない処分方法ならキッチン周りはいつも綺麗です。廃棄対策にお困りの区長村で活躍ができる機器をご提案致します。

また、自治区ではクリーンセンターのゴミ収集量が増加の一途をたどる中、新焼却センターの導入は費用面や地域住民に理解を得ることが難しく、また焼炉の経年劣化によるメンテナンス費用など、莫大な費用は国の援助に頼らざるを得ない懸案ではないでしょうか。当社では費用を抑えた小型循環システムをご提案できます。自治自責で改めて体制作りを考えてはいかがでしょうか。

そして今、矢面に立つ業界の皆さまは、新たな埋立の候補地が無くなっている危機感、お客様に高額な処分費用を強いなければならない状況だと思います。

当社では、プラスチックの再生方法や焼灰処分など新たな処理方法で、最前線にいる皆さまに「本当のごみリサイクル化」をご提案致します。