リサイクルの本質

●リサイクルの歴史

日本のリサイクルは歴史があり、江戸時代では、着物は糸を解きまたその糸で着物を織る。もとより再利用を前提に作られていました。「ものを大切に何度も使うこと」。環境保全の取り組みまでも考えていたのかもしれません。今では環境保護の観点から各企業で様々な取り組みが行なわれています。
家電業界では、家電リサイクル法(平成10年度6月5日)や小型家電リサイクル法(平成25年度4月1日)が施行されて以来、メタルなどの有用な資源品を回収し、再利用しています。また車業界では、植物から出来る樹脂をドアの内部に使用し、石油・化石系素材を使用しないバイオプラスチックを用いた部品が採用されるようになっています。

昔の「ものを大切に何度も使うこと」から、「使い終えたものをもう一度資源に戻し製品を作ること」を考え、更には地球環境に優しい「自然由来の原料で製品をつくること」にも力を注いでいます。

●廃棄方法の再構築

日本は高い技術力により経済を発展させ、ものづくり日本として高度成長を遂げました。つくり出した製品は「ブランド化」され、海外で高い評価を得て、今も多くの分野で高い市場シェアを保っています。
しかし、負の遺産が残されています。それは、高度成長期の影に潜んでいたいわゆる不要物処理「産業廃棄物対策」を同時に考えが及ばなかった事が、この時世で産業廃棄物の処分対策に追われている結果です。産業の発達に伴う消費社会と同時進行出来なかった事が大きな原因だったのです。

ゴミは分別をしていなければ「ただのゴミ」。しっかり分別すれば「原料」となり、リサイクルが可能です。
2017年より、厳格なゴミの輸出規制が始まっています。そして世界的に環境汚染問題により輸入拒否の運動も起きています。そして不要物を輸出に頼ってきた国ではその対応に追われています。特に日本では、排出物の処理環境が未だ整わず、ペットボトルは「ゴミ山」。決定的な打対策もなくゴミのまま放置され、廃棄処分業界では処理費用を高くせざる得ない状態なのです。 今の廃棄環境はまさに不要物の処理方法を考える機会なのです。

●ゴミ処理と発電の両立

これからの日本は、経済発展と消費社会のバランスを要求される時代となるでしょう。

環境先進国では、自然エネルギーを活用するソーラパネルやコージェネレーション、再生エネルギーではバイオマス発電、焼却排熱利用など電力の発電が活躍し自然エネルギー、バイオエネルギーが生かされ50%の電力を補っています。日本では今、少しずつ拡大しつつあるエネルギー創生がこの先も充実される事、電気と廃棄の両立を果たせるのは排熱利用は打って付けのオプションではないかと感じます。

市町村等が運用する大規模焼却プラント(クリーンセンター)は、ごみ焼却施設のうち約67%は、余熱による電気利用システムが構築されています。しかし、大規模焼却プラントは、長期的な工期時間を要し時間が掛かり莫大な予算と、熱回収電気変換システムを付随させるならば、更なる予算の上乗せが必要です。

●株式会社中上のイノベーション

早期にゴミの処理問題を解決するのは、我々株式会社中上の使命と考えています。

中上は主に環境機器を販売するのと同時に「廃棄のインフラ」を構築します。
廃棄物を有価物に変化させる「小規模排気循環サイクル」こそ、ゴミ問題の解決の近道であり、埋め立て(最終処分)に回さない革新的な資源化・リサイクル循環がこの先のごみ問題を解消し、明るい未来を創造しています。
例えば、製造時間が少なく、投資金額が安い小型焼却炉に資産価値を見出します。ただ焼くだけの処分ではなく焼却炉の廃熱を使用した「熱源機械」と捉え。溶解(溶かす)させ原料回帰や燃料源、排熱発電による焼却炉の自立稼働や電源供給させる事を目的とする。「ごみ焼却小型規模プラント」としてのリサイクル要素を踏まえたものをご提供できます。